沖縄旅行に行く時の持ち物は?

必ず必要になってくるもの

北緯25度前後の場所に広がる沖縄へ旅行に行くにあたっては、いくつか用意するべきものがあります。沖縄はアスファルトで覆われたエリアが少ない事・風通しが良い事などが要因となって、東京・大阪といった北緯35度前後の大都市より夏の最高気温が低めです。ただし、日差しは相当強くて長時間日光を浴び続けていると皮膚関連の病気にかかってしまうリスクがありますので、日焼け止め関連商品は必ず用意してください。また、強い紫外線とは目にも大きなダメージを与える事も忘れてはなりません。目を守るためにはまずUVカット機能が優れているサングラスを用意する必要があります。その他、斜め上からの光を遮るための道具として帽子または日傘も持参する必要があると言えます。

季節や状況によっては必要なもの

夏に沖縄を旅する際に関しては蚊に特に刺されやすい季節のため、スプレーをはじめとした虫刺され防止アイテムを持参する事も大事です。もし持参しなかった場合、たくさんの蚊に刺された日はかゆくて夜にまったく寝られないような事態も起こりえます。続いて、5月初め前後に梅雨入りしてから台風襲来がピークを迎える真夏の時期までは急な豪雨に襲われる可能性がありますので、折り畳み傘も持参してください。あまり観光客がやって来ない離島に関しては公衆トイレが少なめです。そのため、トイレの心配が尽きないようなかたは小便・大便両方に対応する携帯トイレを持っていけば、何の不安もなく離島の旅を満喫できます。その他、医療機関が少ない島に行く際は、ケガした場合に備えて絆創膏などのケア商品も持っていくほうがベターです。