沖縄旅行に行く時の服装は?

夏に行くなら短パンとTシャツ

太陽が輝く常夏の沖縄!というイメージが強いですが、沖縄にも四季があり、また天候によっても気温の変動があります。一年中短パンとTシャツで過ごせると思いがちですが訪れる時期や目的によって服装も心掛けましょう。
とはいえ、やはり海や自然を求めて沖縄を旅するケースが多いので、基本的にはリラックスした服装で、さらに青い海や空をバックに映えるビタミンカラーを取り入れた装いだと気分もより盛り上がりますね。

沖縄のオンシーズンである5月から10月は短パンとTシャツ、またはノースリーブといった軽装で過ごせます。この時期は海に行くこともよくありますので、足元もサンダルなど濡れても良いものがおすすめです。自然の中に入ったり、その他のアクティビティのため、スニーカーもお忘れなく。お店に入ったり突然のスコールで肌寒く感じることもあるので、1枚薄い羽織物があれば重宝します。

秋冬に行くなら体温調節しやすい服装を

10月から4月の沖縄の気温は天候によって大きく左右されます。日中気温が初夏のように上がることもあれば、夜に急に冷え込んだり、特に海の近くであれば強い風により寒さを感じることも。
薄い長袖シャツを基本に、防寒対策にパーカーやウィンドブレーカーなどを持参し、またくるぶしまでのパンツスタイル、足もスニーカーなどで覆うほうがよいでしょう。
3月4月に入れば徐々に夏の気候に向かい、日中は半袖で過ごせる時間も多くなります。

季節を問わず、もし滞在中におしゃれなレストランなどきちんとした装いを求められる場所に行く場合は、場所や目的に応じた適切な服装を心掛けましょう。
また沖縄は一年を通して紫外線が強いのでサングラスや日焼け止めも持参しましょう。暑い時期もそうでない時期も沖縄を最大限楽しむために、服装には十分気を付けたいですね。

久米島のツアーでは、グラデーションが美しいビーチに直結しマリンアクティビティが充実したホテルや、海洋深層水を使用した展望風呂が魅力のホテルなどが人気です。